海外駐在員の目から見た日本とイギリス


by Mikihiko_Makita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

えすがたにょうぼう

土曜の補習校の「読み聞かせ」の当番が回ってきた。

父母が当番制で、9時半に先生が教室に来るまで、クラスの子供たちに絵本を読んであげる。別に「かるた」等の遊びでもなんでもよいのだが、ワシはあえて「読み聞かせ」を選んだ。

前日の夜、「やっぱり日本の昔話がいいよなぁ」とか「ある程度、教訓めいたお話がいいべ」とか色々考えて、個人的には最近一番気に入っている鳥取の昔話「えすがたにょうぼう」に決めた。

朝、長女と少し遅れて学校に着く。急いでクラスへ。
「遅れてごめんねー」などと言いつつ、黒板の前に立って読み聞かせ開始。



ていうか




子供たち、あんま聞いてねー。





前に座っている男子ってば、まんが日本の歴史、読んでるし。
こら、「おちゃらかほい!」は後にしなさい。
一大決心で「えすがたにょうぼう」持ってきたんだから、頼む。聞いてくれぇ


e0032092_5305017.jpgそれでも、最初あまり関心を持っていなかった子供たちも、きこりの女房が殿さんの家来に連れて行かれる頃にはちょっと動揺。

最後、殿さんがきこり姿で城を追い出された頃には、みんな静かに聞いてくれてた(と思う)。


たくさんの子供を相手にするって、本当大変なんですね。
先生という職業に改めて敬服した土曜の朝。
[PR]
by mikihiko_makita | 2010-11-02 05:31