海外駐在員の目から見た日本とイギリス


by Mikihiko_Makita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

だけど中華料理は好き。

今回の尖閣諸島沖衝突事件での政治的敗北。

はっきり言って「領土」を取りに来ようと向こうは「本気」だ。
バックに反日・愛国の十三億の国民が後押ししている。

それに対し、日本は現政権のなんという浅はかで楽観的な判断、ことの重大性・危機的状況を全く認識できていない。
船長を返せば穏便に済ませると思ったのだろうが、これは侵略戦争の手始めとなる威嚇射撃を何も反撃できずもろに受けた状態に等しい。

うーん、本当にやばいですよ。これは。

そのうち中国の漁船団だけではなく軍隊もごっそり南シナ海にやってきます。
これからは、日系駐在企業の社員や日本の漁船が拘束されたくさんのカードを与えてしまうことになる。

そして一番の問題は、今は沖縄基地問題で対米関係もギクシャク気味だということです。
さらに党首選なんてパフォーマンスで浮かれており、立ち上がってすぐの足元フラフラ内閣。

まさに今回、中国は冷えている日米関係を好タイミングととらえ、本気で日本を懲らしめようとしている。
以前は経済的に日本を叩けば自国へのインパクトも大きかったが、今はそうでもない。

相当、練りに練られた戦略的政治。やり方は異常だけど、上手い。拍手。
外交下手な民主党政権は遊ばれています、完全に。

お金がないのに「援助します」と国連にいい顔するのはもうやめて、きちっと戦略立てて自分たちの国を守ってください。このままだと本当に近い未来、日本は沈没します。

一般の日本企業は、この不景気と円高のなか、自分の会社と国内雇用を守るべく必死です。

ほんと、切にお願いします。
[PR]
by mikihiko_makita | 2010-09-27 06:41