海外駐在員の目から見た日本とイギリス


by Mikihiko_Makita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No speed limit?

計5日間で、ロンドン→パリ(2泊)→デュッセルドルフ(1泊)→アムステルダム(1泊)→ロンドン、という無謀とも言うべき強行スケジュールで出張を消化中。

外食続き+美味しいビールの飲める国ばかりなので、お腹周りのお肉ちゃんたちが仲間を得て日々増殖している模様。

デュッセルドルフでは、空港まで車で迎えに来てくれたドイツ人の同僚(最近新しい彼女が出来たため奥さんと離婚交渉中)が、高速を200km/hで数分間飛ばしまくるという暴挙に出たため、その同僚の後頭部を後ろからはたいてやりましたぞ。アウディのディーゼル+速度規制が無いとは言え、やり過ぎだろ。


毎晩、電話の向こうから聞こえる娘たちの声に心癒される日々。
アムスのスキポール空港で美味しいダッチチーズを買って帰るから、待っておれ。


デュッセルドルフで泊まったホテルはここ
日系のホテルだし、目の前に欧州のラーメン屋では3本の指に入る「匠」があるからおススメ。
というか、今度は家族と来たい。
[PR]
by mikihiko_makita | 2009-11-12 09:09

Happy Halloween!!

e0032092_7474026.jpgイギリスで何回目か(たぶん6回目)のハロウィーン。

10月31日の夜は天気も回復し、恒例のTrick or Treatで夜の街に繰り出した子供たち。

駅前でお友達と待ち合わせ、カボチャなどハロウィーンの飾り付けがされた家々のドアを叩いて「何かお菓子おくれないといたずらするわよ」と理不尽だが子どもならではのおねだりをする。

一番のお姉さんだった長女が、お友達を引き連れて先頭を歩く姿を見て、時の流れを実感する。

e0032092_7574480.jpge0032092_7575580.jpg


もともとハロウィーンはアイルランド発祥なので、イギリスよりアメリカの方が盛んらしいが、ここロンドンでも夏休みも終わってクリスマスまでまだ時間があるこの時期に、「一日くらいおちゃらけて楽しく過ごそう」という粋なイベントである。何より子供であればみんなウェルカム、という家々の姿勢に好感が持てる。

たまに、家の中で何かの儀式をしていたような女装趣味の怪しい兄ちゃんが出てきて子供たちに「ハ~イ」と微笑みかけながらお菓子を手渡したりしていて、ちょっと笑えた。


e0032092_83932.jpg今年は、娘たちと一緒にお化けカボチャを作ってみた。
なかなかの力作である。娘たちからも「パパすごーい」と感嘆の声が上がる。
私はこういうのは適当にはできない。パパ、やる時はやるのだ。


ところで、今日の収穫は?
[PR]
by mikihiko_makita | 2009-11-02 07:42