海外駐在員の目から見た日本とイギリス


by Mikihiko_Makita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Windsor

白鵬、優勝しましたね。


e0032092_6305770.jpg晴天の土曜日、僕たち家族がたまに散策しに訪れる、ウィンザーへ。

ウィンザーと言っても城を見学するわけではなく、ショッピングや川沿いの遊歩道を歩きながらひたすら水鳥たちに餌をやる、そんな休日らしい一日が過ごせる。

王室の保養所として発展した町だけあって、何となく気品に溢れた雰囲気で気分も落ち着くし、フィッシュ&チップスの美味しいパブもあったりして。



最近、次女に新しい靴を買ってあげようと、妻がよく靴屋に連れて行って可愛らしいサンダルやらを勧めるのだが、次女は写真の赤いスニーカーが相当お気に入りらしく、これを指差しながら「この靴があるから代わりの靴は要らない」と、必死に首を横に振り続ける。

e0032092_6312490.jpg今日はワシもデパートの靴売り場で「その赤い靴も可愛いけど、他にもう一足あった方が毎日楽しいのだ」と説得工作を試みたが、彼女の首振り「いりません」拒否を押さえることが出来なかった。どんだけ好きなんだ、その赤いスニーカーが。

気がつくと一連の光景を目にしていたらしい女店員が笑っている。



また来ようね。
[PR]
by mikihiko_makita | 2009-07-27 06:31

Lavenhamのジャケット

e0032092_23152553.jpg平日に休みを取って、ドライブがてら出掛けたのはココ

最近、イギリス在住の日本人、特に奥様方に圧倒的な人気を誇る、ラベンハムのキルティングのジャケットのアウトレット(B級品)が恐ろしく安く買える工場?もしくは物流センター。ロンドンから北東へ車で2時間ほど行った、田舎町にあります。

建物に入るためには、呼び鈴を押して入口を開けてもらう。客は自分たちと、暫くしてもう一組の日本人家族が参戦したのみ。

B級品と言ってもどこに欠陥があるのか分からんし、色やサイズが限られているのは難点だけどとにかく安いので、子供たちが暇を持て余しているのを横目に、妻が4着、ワシが3着で合計7着を購入。

会計時に、「メールでの情報が必要な人はこちらへアドレスを」の紙を見てみると、記入しているのは全て日本人であった。

もともとは乗馬用の道具や服を扱うブランドだったらしい。
確かに、建物全体に何となく「馬」の匂いが漂っていた気がする。
[PR]
by mikihiko_makita | 2009-07-26 23:25

彼女たちの至福の時

姉妹とはいえ違う人間なのだからそれぞれ性格が異なるのは分かるが、繊細で慎重派の長女と、マイペースで野心家の次女の、夕食後のアイスの食べ方を観察していると案外面白い。

e0032092_7325215.jpge0032092_7331321.jpg



最近のロンドンは雨が降ったり止んだりの、すっきりしない天気が続く。
7月としては気温も低めで、同僚たちの間では

「これで夏も終わりかい」
「いや もう一回くらい暑い日が来なければダメだじょ」

と、常に決まりきった会話が交わされる。

じりじりと照りつける太陽が恋しい
(なんて言ったら日本のみなさんに怒られそうだけど)
[PR]
by mikihiko_makita | 2009-07-24 07:29

should be fixed tomorrow

先週、ロンドンでは珍しく日中30度を超える真夏日が続いた。
例年だと年に1~2回程度しか経験しないような寝苦しい夜に悩まされた。

イギリスは冷房設備を持つ家は少なく(というか必要ない)、暑い時は窓を開けるしかないのだが、かと言って開けっ放しにすると明け方の冷え込みで風邪を引くし、暑い日はその辺の調節が難しい。

本題に入るが、毎年そんな暑い日が来ると、必ずと言っていいほどオフィスの空調設備が故障する。どうやら、あまりの暑さにオフィスの温度を下げようとフル稼働した結果、このお粗末なエアコン設備は本来すべき仕事を完全に放棄するのだ。昨年は冷夏だったため故障しなかったが、暑い日が来ると毎年必ず壊れる。全く「学習能力が無い」というのはコレを言う。

オフィスのFacility(日本で言う総務課のようなグループ)は、オフィスの社員全員に

「明日にはエンジニアが来る」
→「残念ながら今日は修理出来なかった」
→「エンジニアは明日の早朝からまた修理を再開すると言っている」
→「誠に残念だが今日も直すことは出来なかった。なるべく早く直すと言っている」
→「今日こそ修理は行われるはずだが、確約できない」

と、内容は同じだが微妙にニュアンスを変えたメールを毎日配信し続ける。


まさに、イギリス。
楽観・希望的、責任回避、失笑、そして「忍耐」の国。

英語はうまいけどねー (当たり前だ)


今週は、どうやらエアコンも直ったらしいが。
真夏日だった先週から一転。
天気は崩れ、エアコンが必要ないほどの肌寒い日が続いている。

[PR]
by mikihiko_makita | 2009-07-09 06:53