海外駐在員の目から見た日本とイギリス


by Mikihiko_Makita
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

"KAGUYA" mission

e0032092_335299.jpg

                              提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


年末、衛星同時放送で紅白歌合戦を楽しんだ。
曲やパフォーマンスはともかくとして何より素晴らしかったのは、番組の中盤で紹介された、月周回衛星「かぐや」が撮影したハイビジョンカメラによる画像である。

月探査機「かぐや」は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)により昨年9月14日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、現在月の周りをグルグルと軌道を少しずつ変えながら回っているらしい。月面からの高度は常に100km。アポロ計画以来最大規模の本格的な月の探査ミッションと期待され、搭載された14種類の観測機器からは毎日のように膨大なデータが地球に送られてきているという。

ううう。。。 なんだか感動してブルブルと震えてしまうのは僕だけ?


冒頭でも述べたが、大晦日に僕が感嘆の声を上げたのは、月面や月から見た地球を捉えた、高精彩な画像。今まで多くの国の衛星がこぞって月を探査したであろうが、これほどの迫力で訴えかけられる月面を見たことがなかった。月には地球のような大気が存在しないのでかなり遠くまで見渡せるのだろうが、それでもこの臨場感・・・まるで自分が月の上を飛んでいるかのようである。


昔から「宇宙開発には遅れを取っている」、と言われる日本。


しかし、ただがむしゃらに突き進めばいいってもんじゃない。
やるからにはきちんとレベルの高い結果を残す。


各方面から結集され凝縮された日本の技術力
- それを積み込んで地道にデータを投げてくる衛星「かぐや」




・・・・・・ ん?




あ そっかこのネーミングは
あの竹取物語に出てくる、最後は月に帰っていく あの姫じゃ・・・・・・。


お 奥ゆかしい じゃないか
(あぁ 書いていて何だか泣けてきましたワタクシ)


やっぱり日本ってスゴイ国だ。
「日本人」だということに自信を新たにした、年の暮れ。
[PR]
by mikihiko_makita | 2008-01-10 04:55